賃貸向け与信サービス『smeta』を展開するリース株式会社、Plug and Play Japanのアクセラレータープログラム Winter/Spring 2021 Batch Fintech部門に採択

賃貸向け与信サービス『smeta』を展開するリース株式会社、Plug and Play Japanの
アクセラレータープログラム Winter/Spring 2021 Batch Fintech部門に採択

「個人の信用価値を最大化する」をミッションに掲げ、フリーランス(*1)特化型の賃貸向け与信サービス『smeta(スメタ)』を提供するリース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:中道 康徳、以下「リース」)は、Plug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下「Plug and Play Japan」)が主催するアクセラレータープログラム Winter/Spring 2021 BatchのFintech部門に採択されたことを発表いたします。
(*1)特定の企業や団体に専従せず、独立して仕事を請け負う個人事業主もしくは個人企業法人のこと。

2020年12月~2021年3月期で実施する本アクセラレータープログラムは、様々な事業テーマにおいてPlug and Play Japanの企業パートナーである大手企業と連携の機会を得ます。

出典:Plug and Play Japan株式会社 2020年12月2日プレスリリースより

今期採択されたスタートアップ国内/海外は103社で、国内49.5%(51社)・海外50.5%(52社)となり、リースはその中の1社となります。

今回のプログラムを機に大企業と協業・共創を目指し、更なる事業拡大へ向け邁進してまいります。

■Plug and Play Japan アクセラレータープログラムとは
Plug and Play Japan の企業パートナーとともに、業界などの“テーマ”を主軸として、国内外のスタートアップをグローバルレベルのスタートアップへと支援していく約3ヶ月のプログラムです。

このプログラムを通じて、複数のコーポレートパートナーのリソースを活用でき、幅広く多数の大企業との連携の機会を得られます。また、グローバル展開を目指すスタートアップは本社Plug and Play のメンターによるメンタリングやシリコンバレーでのピッチの機会、グローバルマーケットへのアクセスも可能です。

Plug and Play Japan リリース配信内容:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000081.000028153.html

■Plug and Play について
Plug and Play は、革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを大手企業とともに支援するグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターです。

2019年は60を超えるアクセラレーションプログラムを実施し、400社超の企業へイノベーションを提供しています。また、投資件数において世界で最も活発なベンチャーキャピタルです。2006年の創立から、2,000社を超える企業をアクセラレートし、70億ドルを超える資金調達を達成しています。

シリコンバレー本社には年間を通して500社以上のスタートアップが入居しています。昨年2019年はプログラムを通じて、米国本社では549社以上の、グローバルでは1,450社を超えるスタートアップを支援しました。現在、世界16カ国30拠点以上に拡大し、Plug and Play Japan はその日本支社として、2017年7月に設立されました。

Plug and Play Japan株式会社:http://japan.plugandplaytechcenter.com

■リース株式会社について
リースは、信用経済社会(評価経済社会)における与信プラットフォームを目指すCredit Techのスタートアップとして、不動産×金融を切り口とした与信サービス『smeta/スメタ』の開発・運営や、AIを用いた与信評価エンジンを企画・開発しています。「個人の信用価値を最大化する」というミッションの達成に向けて、個人の信用力の“見える化”(信用スコアリング)、与信データを自由に利活用できる与信プラットフォームの開発を通じて、不動産・金融市場および消費者信用産業市場の成長と発展に寄与いたします。

・賃貸向け与信サービス:『smeta』
・家賃債務保証サービス:『smeta保証』
・賃貸契約金の分割払いサービス:『smetaクレジット』
・オートコールサービス:『smetaコール』

【本件に関するご質問、取材申込み等のお問い合わせ先】
CONTACT