賃貸向け与信サービス『smeta』を展開するリース株式会社、ランサーズと資本業務提携

賃貸向け与信サービス『smeta』を展開するリース株式会社、ランサーズと資本業務提携

2020年8月13日

「個人の信用価値を最大化する」をミッションに掲げ、フリーランス(*1)特化型の賃貸向け与信サービスを提供するリース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:中道 康徳、以下「リース」)は、「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」をビジョンに掲げるランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:秋好 陽介、東証マザーズ:4484、以下「ランサーズ」)と資本業務提携を締結いたしました。
(*1)特定の企業や団体に専従せず、独立して仕事を請け負う個人事業主もしくは個人企業法人のこと。

■提携の背景と目的
リースはこれまで、「個人の信用価値を最大化する」をミッションに掲げ、フリーランスや個人事業主をはじめ、社会的属性を理由に正当に信用力を評価されず、本来得られるべき便益が受けられないという負の解消に取り組んでまいりました。まず不動産賃貸領域において、フリーランスが賃貸する際に必要な与信が得られず「賃貸住宅を借りられない・借りにくい」という与信課題を解消する賃貸向け与信アプリ『smeta』を通して与信を提供し、与信をベースとした家賃保証サービス(*2)を展開しています。

同サービスを加速するべく、ランサーズとは2019年12月19日付のプレスリリース(*3)にも記載している通り、フリーランスに対する与信および家賃保証サービスを提供してまいりましたが、この度、更なる連携強化に向けた資本業務提携の締結に至りました。リースの与信アルゴリズム、不動産業界におけるノウハウ、ネットワーク、そしてランサーズのフリーランス・タレント・プラットフォームを活用した取組みを実施してまいります。リースは今後も、ミッション実現に向けて様々な企業との提携を進め、フリーランスの信用インフラの整備と信用力の向上に貢献してまいります。

(*2)2019年12月19日:賃貸向け与信サービスsmetaを展開するrease、ランサーズと業務提携
(*3)入居者が賃貸住宅の契約をする際に、保証会社が入居者の連帯保証人となることで、万が一入居者が家賃を滞納した場合に保証会社が代わりに家主に支払いを行うもの。

■ランサーズ株式会社について
ランサーズ(東証マザーズ:4484)は、テクノロジーの活用によって、あらゆる個人を広義のプロフェッショナルに変える「オープン・タレント・プラットフォーム」を構築することによって、ミッションである「個のエンパワーメント」を実現して参ります。

「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」をビジョンに掲げ、以下の事業を運営しております。

・フリーランスに直接発注『Lancers』
・厳選フリーランスを紹介『Lancers Pro』
・常駐ITフリーランスを紹介『Lancers Agent』
・ディレクターへ一括業務委託『Lancers Outsourcing』
・オンラインチームが業務代行『Lancers Assistant』
・社外人材活用ソリューション『Lancers Enterprise』

■リース株式会社について
リースは、信用経済社会(評価経済社会)における与信プラットフォームを目指すCredit Techのスタートアップとして、不動産×金融を切り口とした与信サービス「smeta」の開発・運営や、AIを用いた与信評価エンジンを企画・開発しています。「個人の信用価値を最大化する」というミッションの達成に向けて、個人の信用力の“見える化”(信用スコアリング)、与信データを自由に利活用できる与信プラットフォームの開発を通じて、不動産・金融市場および消費者信用産業市場の成長と発展に寄与いたします。

・賃貸向け与信サービス『smeta』
・家賃債務保証サービス『smeta保証』
・賃貸契約金の分割払いサービス『smetaクレジット』

【本件に関するご質問、取材申込み等のお問い合わせ先】
CONTACT