賃貸向け与信サービス『smeta』を展開するリース株式会社、株式会社ココドルと業務提携

賃貸向け与信サービス『smeta』を展開するリース株式会社、株式会社ココドルと業務提携

2020年6月8日

「個人の信用価値を最大化する」をミッションに掲げ、フリーランス(*1)特化型の賃貸向け与信サービス『smeta(スメタ)』を提供するリース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:中道 康徳、以下「リース」)は、複業シェアリングサービス『ハッシュミー』を運営する株式会社ココドル(本社:東京都世田谷区、代表取締役:櫻井颯、以下「ココドル」)業務提携いたしました。これにより、『ハッシュミー』のユーザーであるミーズ(*2)に『smeta』をご利用頂けるようになりました(*3)
(*1)特定の企業や団体に専従せず、独立して仕事を請け負う個人事業主もしくは個人企業法人のこと。
(*2)ミーズとは『ハッシュミー』を利用するユーザー
(*3)賃貸借契約を締結する際に『smeta保証』の利用が必須となります。

■提携のポイント
– フリーランスが抱える、賃貸住宅が借りにくいという課題を解決するために、『smeta』と『ハッシュミー』が連携
– 『ハッシュミー』のミーズは、『smeta』により入居審査に必要な与信を手軽に入手することが可能
– 将来的には、『ハッシュミー』での活動実績が加味され、『smeta』にてより適正に与信枠が評価される環境を構築

■提携の背景と目的
リースは「個人の信用価値を最大化する」をビジョンに掲げ、社会的信用ステータスが低いために賃貸住宅を借りる際の入居審査に落ちることが多いフリーランスに対して、賃貸向け与信サービス『smeta』を通して与信を提供し、「賃貸住宅を借りられない・借りにくい」という与信課題の解消に取り組んで参りました。

ココドルは、私達のミッションやサービスを通した取り組みにご共感いただき、個として活躍する方の住まいに関するお悩みの解消を共に支援していきたいという想いから、業務提携に至りました。『ハッシュミー』と『smeta』のユーザーを相互送客し、『ハッシュミー』を利用するミーズが転居を希望する際、smetaを通じて簡単かつ確実に入居審査に必要な与信が得られ、賃貸借契約を結べるようになります。

今後も、フリーランスの信用インフラの整備と信用力の向上に貢献して参ります。

■提携の概要:如何に“借りにくさ”を解消するのか
『ハッシュミー』を利用するミーズが引越しを検討する際、『smeta』を利用することで、「事前与信」として与信枠(借りられる家賃の上限額)が付与されます。その後、家賃が与信枠に収まる賃貸住宅をお選びいただければ入居審査入居審査を98%(*4)通過できます。 また、リースは2019年10月より家賃債務保証(*5)サービス『smeta保証』を開始しており、『smeta』にて事前与信を付与された転居希望者に対して、リース自らが家賃債務の保証が可能です。ミーズの転居希望者は、与信の取得から不動産仲介・賃貸住宅への入居審査・保証契約までのサービスをワンストップで受けることができます。
(*4)2020年3月末時点
(*5)入居者が賃貸住宅の契約をする際に、保証会社が入居者の連帯保証人となることで、万が一入居者が家賃を滞納した場合に保証会社が代わりに家主に支払いを行うもの。

<連携条件>
『ハッシュミー』に登録したユーザーであること。

<『smeta』の利用手順>
①『smeta』アプリをダウンロード。
②【目安家賃】の画面下部 [利用中サービス] をタップし、『ハッシュミー』にチェック。
③【事前与信】の画面にて基本情報を入力し、与信枠を入手。
④【与信枠】の画面下部『部屋探し依頼する』をタップ。
⑤【部屋探し依頼】の画面にて、希望条件を入力し、『送信する』をタップ。
※賃貸借契約を締結する際に『smeta保証』の利用が必須となります。

■今後の展開について:『ハッシュミー』での活動実績に応じた与信枠の適正な評価環境を構築
リースとココドルでは、『smeta』の与信材料として『ハッシュミー』における活動実績のデータ(*6)をユーザーが任意で開示し、与信審査に反映できるよう、『smeta』と『ハッシュミー』のシステム連携を強化する予定です。リース株式会社は、入居審査におけるユーザーの与信がより適正に評価される環境を構築することで、より大きな便益が享受できるよう継続的に支援して参ります。
(*6)「いつ、どのような顧客と取引が成立し、いくら入金をしたか」などの情報。

■#Me(ハッシュミー)とは
国内初のLINEでカンタンに複業案件に応募できるサービスです。最短1日のスポットで人材を獲得することができ、発注企業様と受託ワーカーの双方が同意した場合、採用に繋げることも可能です。従来の転職サービスと異なり、「試し働き」をしてから入社するため、入社後のミスマッチを抑える効果が期待できます。
・サービスページ:http://hashme.work/
・ミーズ向け:http://hashmelp2.strikingly.com/
・企業様向け:http://hashme-client.strikingly.com/

<リース株式会社について>
リースは、信用経済社会(評価経済社会)における与信プラットフォームを目指すCredit Techのスタートアップとして、不動産×金融を切り口とした与信サービス「smeta」の開発・運営や、AIを用いた与信評価エンジンを企画・開発しています。「個人の信用価値を最大化する」というミッションの達成に向けて、個人の信用力の“見える化”(信用スコアリング)、与信データを自由に利活用できる与信プラットフォームの開発を通じて、不動産・金融市場および消費者信用産業市場の成長と発展に寄与いたします。
・賃貸向け与信サービス『smeta』
・家賃債務保証サービス『smeta保証』
・賃貸契約金の分割払いサービス『smetaクレジット』