【PressRelease】賃貸向け与信サービス「smeta」を展開するrease、OLTAとFINUXとの三社間業務提携を開始

【PressRelease】賃貸向け与信サービス「smeta」を展開するrease、OLTAとFINUXとの三社間業務提携を開始

2020年3月18日

「個人の信用価値を最大化する」をミッションに掲げ、フリーランス(*1)特化型の賃貸向け与信サービス「smeta(スメタ)」を提供するリース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:中道 康徳、以下「rease」)は、日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供するOLTA株式会社(代表取締役CEO:澤岻優紀、以下、「OLTA」)、及びクラウド請求管理サービス「INVOY(インボイ)」を提供する FINUX株式会社(*3)(本社:東京都港区、代表取締役社長:澤岻 優紀、以下「FINUX」)、との三社で、業務提携を開始いたしました。
(*1)特定の企業や団体に専従せず、独立して仕事を請け負う個人事業主もしくは個人企業法人のこと。
(*2)入居者が賃貸住宅の契約をする際に、保証会社が入居者の連帯保証人となることで、万が一入居者が家賃を滞納した場合に保証会社が代わりに家主に支払いを行うもの。
(*3)FINUXは、OLTAが創業来掲げてきた「あらゆる情報を信用に変え、あたらしい価値を創出する」ミッションの実現を目指すべく設立した、OLTAの戦略的完全子会社です。

■提携のポイント
– フリーランスの資金繰りの悩みを解決するために、reaseとOLTAが連携し、業界初となる、賃貸住宅の家賃支払いに特化した新たなファクタリングサービスの共同開発に取り組む
– フリーランスが抱える「賃貸住宅が借りにくい」という課題を解決するために、reaseが提供するsmetaとFINUXが提供するINVOYが連携
– INVOYのユーザーは、smetaにより入居審査に必要な与信を手軽に入手でき、スムーズに賃貸借契約を結ぶことが可能
– INVOYのユーザーは、smetaで算出される与信枠が通常より増額され、お引越しの選択肢が拡充(*4)
– 将来的には、INVOYでの活動実績が加味され、家賃債務保証額の優遇措置(与信枠の増額)が受けられるよう、より適正に与信枠が評価される環境を構築
(*4)転居先の賃貸住宅の賃貸借契約を締結する際に「smeta保証」の利用が必須となります。

■smeta × OLTA|提携の背景と目的

昨今、働き方改革やワークスタイルの多様化が進み、自身のライフスタイルに合わせて場所や時間に縛られず働くフリーランスは、調査(*4)によると日本の労働人口の16.4%を占める1,087万人にのぼり、その経済規模は20兆円を超えると試算されています。しかしながら、フリーランスを支えるインフラはまだまだ十分整備されているとは言えず、フリーランスの多くは売掛先からの入金が遅く、資金調達の選択肢も少ないことから資金繰りの悩みを抱えています。

こうした運転資金に関する悩みの解決策としてファクタリングという手法があり、OLTAはこれまで、請求書をオンラインで買取する「クラウドファクタリング」を通じて、中小企業や個人事業主の方々へ新しい資金調達の選択肢を提供して参りました。

一方、reaseにおいて、「個人の信用価値を最大化する」をミッションに掲げ、フリーランスの与信課題を解決するべく、フリーランス特化型の賃貸向け与信サービス「smeta」を提供して参りました。『smeta』は、フリーランスの信用力を適切に評価することで、「事前与信」として与信枠(借りられる家賃の上限額)を付与し、家賃が与信枠に収まるお部屋であれば入居審査を通過できる与信サービスです。

この度の提携は、reaseとOLTAのサービスを掛け合わせることで、フリーランスが売掛先から入金する前に報酬を家賃に充当できるファクタリングサービスを提供し、フリーランスの資金繰り改善を支援していくことを目的としております。
※副次効果の一つとして、地代家賃は一部を経費計上できるため租税公課も期待できることが挙げられます。
※個人事業の場合は、自宅兼事務所を業務用専有面積や営業時間を按分の根拠として経費となる地代家賃を算出する必要があります。


reaseとOLTAは、業界初となる、賃貸住宅の家賃支払いに特化した新たなファクタリングサービスの共同開発に取り組んで参ります。
(*4)【ランサーズ】フリーランス実態調査2019年版

■smeta× INVOY|提携の背景と目的

前出の調査では、フリーランスの半数以上が現状に満足しているとする一方、フリーランスを続けていくための障壁として、「収入の安定性」の他に「社会的信用が得難い」という回答が多く挙げられています。中でも、住居の賃貸借契約において家賃債務保証会社が入居審査を行う際、フリーランスは、「勤務先・勤続年数・年収」などの証明が難しいことから、与信審査が通りにくいという傾向にあります。

reaseは、「smeta」の提供を通じて、フリーランスが与信面での悩みに煩わされることなく、安心して賃貸住宅を借りられるよう、サービス提供して参りました。

一方、FINUXにおいては、これまで約4万人のユーザーに向けて、無料で請求業務を行うことができるクラウド請求管理サービス「INVOY」を提供して参りました。 こうした背景の下、INVOYのユーザーを与信審査における信用面から支えることを目的に、reaseとFINUXはこの度、提携いたしました。

reaseが開発・運営するフリーランス特化型の賃貸向け与信サービスsmetaをINVOYと連携させることで、INVOYの転居希望者はsmetaを通じて簡単かつ確実に入居審査に必要な与信が得られ、賃貸借契約を結ぶことが可能となります。

■smeta × INVOY|提携の概要: 如何に“借りにくさ”を解消するのか
INVOYを利用するユーザーが引越しを検討する際、smetaを利用することで、「事前与信」として与信枠(借りられる家賃の上限額)が付与されます。その後、家賃が与信枠に収まる賃貸住宅をお選びいただければ入居審査を100%通過できます。

また、reaseは、2019年10月より家賃債務保証サービス「smeta保証」を開始しており、smetaにて事前与信を付与された転居希望者に対して、reaseが自社にて家賃債務保証を提供できるため、INVOYを利用される転居希望者は与信の取得から、不動産仲介・賃貸住宅への入居審査・保証契約までのサービスをワンストップで受けることができます。

<連携条件> 「INVOY」ユーザーであること

<smetaの利用手順>
①「smeta」アプリをダウンロード
②【目安家賃】の画面下部[利用中サービス]をタップし、『INVOY』にチェック。
③【事前与信】の画面にて基本情報を入力し、与信枠を入手。
④【与信枠】の画面下部『部屋探し依頼する』をタップ。
⑤【部屋探し依頼】の画面にて、希望条件を入力し、『送信する』をタップ。
※賃貸借契約を締結する際に「smeta保証」の利用が必須となります。

■smeta × FINUX|今後の展開: INVOYでの活動実績に応じた与信枠の適正な評価環境を構築
reaseとFINUXでは、smetaの与信材料としてINOVYにおける活動実績のデータ(*5)をユーザーが任意で開示し、与信審査に反映できるよう、smetaとINCOYのシステム連携を強化する予定です。入居審査におけるユーザーの与信がより適正に評価される環境を構築することで、より大きな便益が享受できるよう継続的に支援して参ります。
(*5)「いつ、どのような顧客と取引が成立し、いくら入金をしたか」という情報など。

■rease|smetaとは
reaseは、2019年4月より賃貸向け与信サービス「smeta」の提供を開始しました。フリーランスがお部屋探しをする前にsmetaを通じて信用力を適切に評価され、「事前与信」として与信枠(借りられる家賃の上限額)が付与される無料与信サービスです。与信枠に収まる家賃のお部屋であれば入居審査を100%通過でき、正規雇用者同様の簡単かつスムーズなお引越しが可能です。

加えて、入居後の家賃支払履歴がsmeta内に蓄積され、利用実績に応じて与信枠が増加していく仕組みであるため、次に引越しをする際は増加した与信枠を活用することで選択肢の幅が広がります。

■OLTA|OLTA クラウドファクタリングとは
企業が保有している売掛金(≒請求書)をファクタリング会社へ売却する資金調達の手法を「ファクタリング」と呼びます。
OLTAは入金待ちの請求書を即座に事業の運転資金に替えることのできる「ファクタリング」が、特に中小企業にとっての新しい資金調達の選択肢となりうると考え、約20万社のデータに基づくAI(スコアリングモデル)を開発。日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」の提供を開始しました。

■FINUX|INVOYとは
INVOYでは、請求書・見積書・発注書・納品書・領収書の作成・発行・管理をすべて無料で行うことができます(*6)。シンプルで使いやすい操作画面でテンプレートも充実しているため、オリジナルの請求書が思い通りに素早く簡単に作成できます。毎月発行する請求書は自動作成機能で効率化を図ることができます。
(*6)郵送代行サービスは147円(税別)/通の郵送実費がかかります。
URL:https://www.invoy.jp

<OLTA株式会社について>
約20万社の法人データに基づくAI(スコアリングモデル)を開発。2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供。
サービス提供開始後、約2年で申込総額は150億円を突破。
「あらゆる情報を信用に変えあたらしい価値を創出する」というミッションを掲げ、クラウドファクタリングの普及に向けて、全国の金融機関やSaaS企業などと幅広く連携していく予定です。

<FINUX株式会社について>
OLTAが創業来掲げてきた「あらゆる情報を信用に変え、あたらしい価値を創出する」ミッションの実現を目指すべく設立した、OLTAの戦略的子会社です。
クラウドファクタリングとは違った切り口で、INVOYをはじめとしたWebプロダクトの企画・開発・提供を行っていく予定です。

<リース株式会社について>
reaseは、信用経済社会(評価経済社会)における与信プラットフォームを目指すCredit Techのスタートアップとして、不動産×金融を切り口とした与信サービス「smeta」の開発・運営や、AIを用いた与信評価エンジンを企画・開発しています。「個人の信用価値を最大化する」というミッションの達成に向けて、個人の信用力の“見える化”(信用スコアリング)、与信データを自由に利活用できる与信プラットフォームの開発を通じて、不動産・金融市場および消費者信用産業市場の成長と発展に寄与いたします。
・賃貸向け与信サービス「smeta」
・家賃債務保証サービス「smeta保証」

【OLTA株式会社 会社概要】
代表者: 代表取締役CEO 澤岻 優紀
本社所在地: 東京都港区南青山1丁目15-41 QCcube南青山115ビル 3F
設立: 2017年4月14日
サービスサイト:https://www.olta.co.jp
コーポレートサイト: https://corp.olta.co.jp/

【FINUX株式会社 会社概要】
代表者: 代表取締役CEO 澤岻 優紀
本社所在地: 東京都港区南青山1丁目15-41 QCcube南青山115ビル 3F
設立: 2018年1月23日
サービスサイト: https://www.invoy.jp/

【リース株式会社 会社概要】
代表取締役   :中道 康徳
本社所在地   :〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル 6F
設立      :2018年9月13日

【本件に関するご質問、取材申込み等のお問い合わせ先】
CONTACT